自動制御で築くこれからのデジタル制御の未来~人離機械の活用

システム

活用範囲は考え方次第

ずっと使える実印の作成はお任せ下さい。値段からデザインまで豊富に揃えているので、気になる方はコチラをご覧ください。

様々なことを管理してくれるシステムであるERPを導入するなら、こちらがおすすめです。豊富なメリットを得ることができます。

自動制御が用いられて実現している部分は非常に多く、自動制御で可能になる事は時折人の想像を超える事がある。様々な分野で導入をすることができ、ライフラインなどは既にほぼ自動的に制御されている。自動制御と聞くと生産現場でしか利用されないというイメージを持つ方も多いだろうが、実はそんなことはない。最近では自動制御の可能性を信じ、農業などの第一次産業に活用する事も多くなりつつある。農業と自動制御は相反する分野ではあるが、自動制御の技術を使用すれば、人の担い手となって様々な制御をすることが出来る。例えば温室栽培などは自動制御を上手く活用したいい例といえる。温室栽培をするためには外気よりも暖かくする必要があり、内部の温度を一定に保たなければならないという条件が必要になる。たいていは温風を出す機器を使用して内部の温度を一定に保つわけだが、人の手で温度調節をするのは非効率的で、24時間フルで制御するのには無理がある。自動制御を導入すると温風を出す機器を自動的に制御することが可能で、内部の温度を寸分変わらない一定の温度で保つことが可能になる。簡単なシステムであるがこれも立派な自律的な制御マシンであり、温室栽培ではこういった制御が必要不可欠であろう。
温室栽培の例ではあくまでローカル的な制御でしかなかったが、最近ではローカルからクラウドに発展しつつある。クラウド式の制御を用いた農業はこれまでの農業の常識をくつがえすもので、農業人口不足を解消することが出来る希望の光でもある。クラウド制御の農業を活用すると、人が住まないような場所に畑を作り、実際にそこで作物を栽培することが出来る。人が直接畑を手入れする作業を機械が全て行い、そしてその作業はクラウドを経由して遠隔でモニタリングするわけだ。Iot技術も導入されている場合は一切支持を与えずに機械同士が通信を行い状況に応じた農業を行う事ができ、人が行うものという常識が覆される。更に物流分野との連携をすれば、出来上がった農作物を市場まで配送することも不可能ではないし、ドローンの登場により配送手段はより広がりつつある。このように自動制御は様々な分野で実際に導入が始められていて、活用範囲は考え方次第でどんどん広がっていく。

2分で理解ができるように解説を行なっています。安否確認システムサイトでは、ムービーで解説を行なっているので理解しやすいです。

必要な技術

自動制御は様々な分野の技術が詰まった作品であり、簡単に導入することは出来ない。導入すると人では不可能な生産パフォーマンスが期待できるが、いかなる場合においても導入しなければならないということではない。

Read More...

Iotで変わる未来

全てのものにインターネット接続がされるIotという考えと、自動制御の技術を融合した新しい自動制御マシンは既に登場している。活用することでこれまで以上に革新的な制御をすることができ、いずれは人の手を離れるとされている。

Read More...

PLCと技術レベル

PLCは自動制御を行う上で非常に重要なものであり、ステートマシンという制御モデルに分類される。ノイマン型の制御モデルとは区別して考える必要があり、専門技術者でなければ設計することはほぼ不可能である。

Read More...